選ばれる相手になるために

Q、私はこれまで参加してきた婚活パーティは、とても多くの女性が男性を褒めているのですが、どこか不自然さを感じてしまうことがあります。もちろん男性に対して魅力的な部分があれば私も男性を褒めることがありますが、他の女性を見ていると、次からつぎに褒めていています。それに褒めている内容に関してもただ話を聞きながら、「すごいですね。素敵」と言っているような内容ばかりで、本当にそう思って褒めているのかどうかわからないような部分があります。でもこれだけ沢山の女性が男性を褒めているということは、婚活していて、褒めまくるというのは婚活が上手くいくためのポイントなのでしょうか?

私は必要以上にお相手を褒めたりすることが苦手なので、本当に自分の中ですごいと思ったことに対して褒めるようにしているし、意識しなくても自然とそういった言葉が出てきます。ただ反対に特にすごいと思うようなことがなければ、お相手に対して褒めるようなことはないのですが、必ずしも相手のことを褒めた方が男性から良く思われるポイントなのでしょうか?

ただ褒めるだけなのは誰にでもできることです。

A、確かに婚活パーティーの中では相手を褒めている女性が本当に沢山いると思います。年収が高ければ、「お仕事ができるんですね」と褒めていたり、高級車に乗っていれば、「素敵な車に乗っていますね」と褒めていたりしますが、言い方を変えてみればこういった褒め方というのは褒めていることにはなりませんよね。単純に話を聞いて相槌と同じように言葉を出しているだけだと思います。更に高収入や高級車に乗っている人というのは、このような褒め方に慣れているので女性に褒められても恐らく何とも思わないと思います。

それよりもあなたのように本当に褒められることがあると感じた時に自然と出てしまう褒め言葉の方がお相手にはしっかり届くのではないでしょうか。必要以上に相手を褒めても意味はないし、言葉にしっかりとした重みはでませんから、あえて褒めることを意識するというのはしなくて良いことだと思います。中には褒められたくて、自慢話をするような男性もいますが、そういった男性というのは表面上でお相手に褒めて貰えれば、それだけで満足なので、本格的にお付き合いをした時にも常に自分が褒められていなければ嫌だというタイプが多いです。実際に褒められると思った部分に対しての素直に反応するというのが一番良いことだと思います。